3D万華鏡(球・三角錐・立方体)をVRで体感

江戸川乱歩の鏡地獄やAMAZONで売っている3D万華鏡等をCGでシミュレーションし、パノラマVRで表示してみました。
ミラーに映る対象として発光するテキストを設置しています。また、テキストの文字列は位置をあらわすようにしています。

イメージ図

※各CG画像では鏡の反射を同じ回数にして制限しています。

下のEquirectangular 画像をクリックすると各パノラマVRを表示します。

 

立方体

mirror cube 3D万華鏡(立方体)

画像をクリックするとパノラマVRを表示します

 

三角錐

mirror triangle 3D万華鏡(三角錐)

画像をクリックするとパノラマVRを表示します

 

球体

mirror sphere 3D万華鏡(球体)

画僧をクリックするとパノラマVRを表示します

 

球体では反射するテキストがトリミングされたような状態で見えていますが、これはCG画像のポリゴン数の制限によるものです。実際は曲面的(凹面鏡のよう)に反射しますので様子も変わってくることが想像できます。次のパノラマVRではポリゴン数を増やしています。

mirror sphere2 3D万華鏡(球体)2

画像をクリックするとパノラマVRを表示します

 

あくまでコンピュータで簡易につくったものですので実際とは異なるかもしれませんが雰囲気はつかめる様に思います。

 

Projection Mapping with SHOWWX+

建物などのオブジェクトに映像を照射して、アーティスティックな表現を行うプロジェクションマッピング。

最近、よく見るようになりました。

Youtubeでも魅力的な多くの作品が紹介されています。

ですが、これを作ろうと思うと、高価なプロジェクターが必要となります。CGの作成も大変そうです。

で、みつけたのが、Microvision社が製作しているSHOWWXというモバイル用プロジェクター。

iPhoneやiPad、パソコンなどにつなげて、映像を映し出すことができます。

円高の今なら価格も、お小遣いの範囲。

Microvision SHOWWX+

Microvision社 SHOWWX+ のサイトはこちら

これを使って、試してみたのが下の映像です。

映像はCGソフトを使わず、Flashで簡単につくってみました。

このSHOWWX+は、レーザー照射なので、ピント合わせの必要もなく、ちょっと遊ぶにはいいと思います。

gooSnow ブログパーツ(時計付)

★「gooSnow」の提供先がこちらに変わりました。既にご利用中の方は挿入コードの変更をお願いいたします。

gooウェブで検索されているリアルタイムなキーワードを雪のように降らせてみました。

今、このような言葉を世の中のひとが考えているのかと思うと、つい眺めてしまいます。

表示されるのは検索頻度の高いキーワードですので、時間帯や季節など、その時の旬なものが見えてきます。

気になるワードはクリックするとgooウェブの検索結果を別ウィンドーで表示します。

▼導入方法
下のコードを表示したいページのHTMLソースへ挿入するだけです。

<script src=”http://360eyes.com/blogparts/gooSnow/gooSnow.js” type=”text/javascript” charset=”utf-8″></script>

■ご注意
・当ブログパーツを利用するにはFlash Player9.0以上が必要です。また、ブラウザのJavascriptが無効の場合、表示されません。
・ベータ版ですので不具合等が発生する場合がございます。その際、ご通知いただけると助かります。
・個人、商用を問わずご利用していただけますが、一切の損害について作成者側では責任を負えませんので自己責任でご使用ください。
・利用者へ通知を行わず機能等の変更やご利用を中止させていただく場合がございますので予めご了承ください。
・ご意見、バグ、ご利用ページ等をお知らせしてくださるとうれしいです。

・当シミュレータを利用するにはFlash Player9.0以上が必要です。下記からダウンロードできます。
Adobeダウンロードセンター

Android2.2とFlashパノラマ・MotionVR

Flashに対応したAndroid2.2を搭載するスマートフォンGALAXY S(SC-02B)が届いたのでFlashPanoramaPlayerによるパノラマ画像の表示と動作具合をこの携帯端末で試してみました。  
Android2.2とFlashパノラマ・MotionVR

パノラマ画像のソースはキュービックによるもので、モバイルのサイズを考慮し一枚の大きさは800-800px、全体のファイルサイズは370KB程になります。

また、Ryubin’s playerによるMotionVRの動作具合も序に試してみました。(Bloggieビデオ)
下の動画がその様子です。

上の動画では携帯端末の3Gを使いデータを読み込んでいますので、ロード完了まで少し待たされますが、その後のパノラマの操作や動きについては意外と快適に動いてくれました。
また、今回はアンドロイドマーケットからダウンロードしたDolphinブラウザを使用していますが、標準スクリーンで操作する場合、ドラッグによるパノラマ画像の操作とブラウザの操作仕様が重複してしまい、想定外の動きをする場合がありました。マルチタッチによるズームもブラウザ自体が拡大縮小しますので、パノラマプレイヤーのコントロールボタンなどが画面の外へ隠れてしまうことがあります。
その辺りはブラウザ若しくはソース側の設定で回避できるかもしれませんが試していません。動画の紹介ではフルスクリーン状態で操作しています。

今回の試行で個人的には充分、つかえそうだと感じました。モバイル用に更に最適化を行えば現在のスマートフォンのスペックでもパノラマムービーをもっと楽しめると思います。それから、ギャラクシーSはLEDディスプレイですので画像の表示はとてもキレイだと感じました。

MotionVRの方はというと、そのままでは少し厳しいようで(動画のとおり)、モバイル用に改良が必要だと思います。

Android2.2を搭載した携帯端末をお持ちの方は下のリンクでお試しください。

・パノラマVR
・MotionVR

大垣市 イルミネーション360°パノラマで…

水の都おおがき。今年もイルミネーションが街を飾ります。
まずは、臨場感にたっぷりの360°のパノラマ画像でご覧いただき、ぜひ現地の本物を観賞してみましょう。

-大垣市内のイルミネーション- おすすめのスポットはこれだ!

ソフトピアジャパンの近代的な建物を背景にイルミネーションで飾られた光のオブジェクトたちが、この「冬のファンタジー」の世界へつれていってくれます。

ファンタジー・ライブ12/23(木)~12/26(日)18:00-21:00 にはソフトピアジャパン・センタービル1F南側特設ステージにて、近隣のミュージシャンが集うファンタジーライブが開催されます。ホットドッグや暖かいお飲み物も販売されていますので、素敵なイルミネーションといっしょに楽しまれてはいかがでしょうか。
ライブの告知はこちらでご覧いただけます。

ソフトピアジャパン冬のファンタジー
★画像をクリックするとパノラマVRを表示します。

お次は、大垣公園を会場に市民の手づくりによる「芭蕉元禄イルミネーション」を360°のパノラマでお楽しみください。PICSの右端にある▼ボタンをクリックすると各イルミネーションのスライドをご覧いただけます。

芭蕉元禄イルミネーション
★画像をクリックするとパノラマVRを表示します。

こちらは大垣駅通りから程近い、水門川に飾られた「ウォータークリスマス・イルミネーション」です。手作りのクリスマスツリーやクマさんの大イルミネーションが楽しい年末を演出します。
パノラマを2ショットと写真スライドをご覧いただけます。(アンダーメニュー左側がパノラマの切替)

ウォータークリスマス・イルミネーション
★画像をクリックするとパノラマVRを表示します。